2008.09.17

『知っているけど知らないこと』

CSちょっといい話

ある休日の夜のこと。Aさんが自宅で食事をしていると一本の電話が鳴りました。
どうやら近くのカーディーラーからの電話。
「○○○○○○です。ご主人様でいらっしゃいますか」
「はい」
「明日から3日間エンジンオイル交換が特別サービスで1000円でできますので是非おいでください」
「あの、たしかそちらのエンジンオイルボトルキープ会員になってますので無料でできるはずですが」
「あ、すみません、そうでしたか。わからなくて」
(同じ会社だろうに)と思いながら
「秋になったら交換しようと思ってますので」
「わかりました。それではよろしくおねがいします」
(う~ん……)

考えてみるともったいないことです。
せっかく、顧客囲い込みの為にエンジンオイルを購入させ、数回に分けて来店する機会を作っていながら、そのリストを活用できていない。
顧客管理をしていないことがバレバレ。
さらに、連絡先だけを見て無作為に連絡してしまうことでかえってマイナスのイメージをもたれてしまったわけです。

今回は他の業界の話ですが我々もなんのための顧客リスト、顧客情報かを意識しながら行動する必要があるような気がします。
知っているはずなのに知らないって、やっぱおかしいですよね。
そういえば、在宅している可能性が高いということで休日の食事時に電話が来ることが多いですが、「今よろしいでしょうか」と一言断わる人にはなかなか出会ったことがありません。食事を中断されてむっとした状態だとまとまる話もまとまらなくなっちゃいそうですよね。