2009.09.15

『身近な教材』

CSちょっといい話

先日、ある方から体験談をメールでいただきました。

あるとき、商品にトラブルがあって、ある会社にクレームを申し入れたそうです。
そうしたら対応する仕組み(先にお客様に新しい商品を送ってから、問題のある商品を引き取る)と、その対応者の態度のどちらもすばらしかったそうです。
そして、怒りがしゅるしゅるとしぼんで消えて、すっかりファンになってしまったそうです。

こんな対応のできる会社は素敵だなあ、と思ったとのこと。
この感動を誰かに伝えたくて、というところでメールは終わっていました。

その気持ちわかります。

CSについては、実は身近に教材がいっぱいあって、それに気がつけばいっぱい学べるし、気がつかなければそのままだし・・・というものかもしれません。
で、起きた出来事を良いことも悪いことも自分なりにその原因を分析できれば何かが残るわけで、それが自分たちの行動に実際に表れてくるといいですよね。
また、良い体験は伝えたくなるし、悪い体験は誰かに言わないと気がすまなくなるものです。
お客様に対して良い体験をいっぱいプレゼントしていけるようにがんばりたいものですね。