2011.01.12

『集客の決め手は○○○?』

CSちょっといい話

そのラーメン屋は、駅伝のランナーも通る国道沿いにありました。
4人用のボックス席が2つ、カウンターが10数席。
チェーン店のようで、値段も手ごろ、味はまあまあ、ライス無料、大盛サービス、さらに次回用にと餃子券の配布。
追加部分にも魅力を感じながら時々行っていました。
あるとき、前を通ったら違う店の名前になって大きな看板が。
4台しかなかった駐車場が隣の敷地に5台分加えて9台分に。
あの店はなくなったのかと、少々がっかり。

何気に新しい店名をwebで見たら、前のお店と経営は同じ。
味もサービスも変わらないといいなあ、と思いながら新しいお店に行ってみました。
すると駐車場が満車。あきらめてほかのお店へ。
何日かしてお昼の遅めの時間帯に再度チャレンジ。またもや満車。
さらにさらにチャレンジ。またもいっぱい。目の前で中をのぞいてあきらめて出てくるグループも。
この週末、意地になってお昼になる前に行こうと。
お昼前は駐車場もすいていてやっと入れました。
中に入るとメニューも料金体系もほとんど変わらない。

もともとコストパフォーマンスが良かったところに駐車場の拡大。
人は並べばいいけど、国道沿いだけに外に車は並ぶわけにもいかない。
4台のときも満車でなかなか入れなかったけど、9台になっても満車は続く。
お店にとっては店の前まで来て断念していた(自分のような)客を取りこむことができたわけで、9台の駐車場に見合う集客のポテンシャルをもっていたことになります。
勝負を分けるのは味、追加サービス、そして駐車場。
駅から離れた国道沿いのお店では「訪ずれやすい」ことも大きなファクターになることもあるようです。