2012.04.24

『お客様の声に助けられて』

CSちょっといい話

「やっぱそうだよね。わかってたんだ」
調査結果の検討会の時、こんな発言が出ることがあります。
でも、その人が何か手を打っていたわけではなく、自分の中でなんとなくわかったつもりになっていただけだったりします。


みんなでデータを読みながら意見交換。
「やっぱそうだよね」「うんうん」「そうだそうだ」
とみんなが同じように納得。
すると、次には
「じゃあ、こうしよう」「いや、こうしてみたら」
という提案が出てきます。


また、「そんなはずはない」と思っていたこともお客様の声を聞いてよくよく考えてみたら自分の認識が違っていたことに気がつくことも。


そしてやらなきゃぁと頭の中で考えていたけど動けなかったことがあった場合。
その背中をえいっと押してくれることもある。


このように自分一人の頭の中で結論付けるのではなく、お客様の声を取り入れたり、その声をベースにみんなで話し合うことで新たな展開が生まれてきます。


「お客様の声に助けられて」仕事を進める部分、こんなところも必要なのではないでしょうか。