ホーム > ブレイクタイム > おじさんのうんちく > 『紅葉(コウヨウ)と紅葉(モミジ)、カエデとモミジの違いは?』

『紅葉(コウヨウ)と紅葉(モミジ)、カエデとモミジの違いは?』

 
秋も深まり紅葉前線南下中、日本の秋はやはり紅葉狩りや紅葉見物が良いですね。こんどの連休あたり紅葉狩りに行かれる方も多いことでしょうね。そこで今回は紅葉、モミジ、カエデについてのうんちくをどうぞ。

紅葉(コウヨウ)と紅葉(モミジ)の違いは?

同じ漢字を書きますが意味は違います。
「紅葉(コウヨウ)」と言う場合は秋に野山の木々(落葉樹)が冬に備えて落葉する前に紅や黄色に葉の色が変わること、変わった状態を総称して言います。
黄色く色づくのを黄葉(コウヨウ)とも言いますが、おじさんは黄葉も含んだものを広い意味での紅葉(コウヨウ)とします。これが定説です。
* 広い意味での紅葉=紅葉+黄葉+その他の橙色なども含む。
* 狭い意味の紅葉=紅葉、木の葉っぱが紅くなること。紅くなった状態。

紅葉と黄葉の違い(ちょっと横道、専門的うんちく)

色が違うから明確だが科学的に言うと
葉が赤くなるのは葉の中の緑色のクロロフィルが分解して赤いアントシアンが生成されることでおこる。黄色の方は緑のクロロフィルが分解して黄色のカロチノイドが残るから黄色くなる。
話を元に戻して
「紅葉(モミジ)」と言うのは広い意味の紅葉(コウヨウ)の中でひときわ紅色の目立つ(黄葉ではなく)狭い意味の紅葉の仲間で、カエデの仲間を総称して言います。これは広い意味での紅葉(モミジ)です。
更に狭い意味でのいわゆる「モミジ」はカエデの中の特定なやつをさします。カエデの中でも葉の切れこみの深い赤ちゃんの手のようなイロハモミジの仲間は葉が大変美しく好まれ、鑑賞されたところから人の手を広げた形の葉を代表して「モミジ」と呼ばれるようになったそうです。
数学的に大小関係表現しますと

広い意味の紅葉(コウヨウ)=黄葉も含む>狭い意味の紅葉(コウヨウ)=紅い葉っぱ仲間すべて>紅葉(モミジ、広い意味)=かえでの仲間>一番狭い意味のモミジ=掌型葉っぱ

モミジとカエデの違いは?

植物分類上ではカエデとモミジは区別はしません
植物学的にはモミジもカエデも「カエデ」と言い、どちらも分類上カエデ科のカエデ属の植物です。モミジという科や属はありません。
一般的には上述のとおりカエデの仲間の特にきれいな仲間(子供の手のような葉の形のやつ)をモミジと区別して呼んでいます。
又、園芸上や盆栽の世界では葉の切れこみ数、切れこみ具合によって明確に区別しています。
イロハモミジヤマモミジオオモミジなど葉が5つ以上に切れ込んで掌状のものをモミジと呼び、それ以外のトウカエデ(切れ込みが3つのもの)などをカエデと呼んでいます。

モミジは日本独自のもの?

カエデは世界に幅広く散らばっていますが、モミジとして親しまれているカエデは中国や朝鮮半島に数種の自生があるのみで、それ以外は日本列島にあり、わが国はカエデ科植物の宝庫と言ってもよいのです。モミジと呼ばれるカエデは日本の秋をまさに代表する植物です。(もみじを見るとああ、日本人に生まれて良かったなとしみじみ思うわけです。)
カナダの国旗の模様のやつはモミジとは言わずカエデ(英語でメープル)ですね。

カエデとモミジの語源は?

カエデの語源は「蛙の手→かえるで」から転じたという説が一般的。なんとなく似ているでしょう。
あと、これは俗説で異説を紹介してる人もいましたが、先日テレビの世界不思議発見でも言ってたからこれを通説として採用しました。
蛙の手みたいに水かきがあって切れこみの少ないのをカエデ。人の手みたいに切れこみのあるのがモミジという。これは後付け。
モミジの語源は微妙な違いでいろいろあります。2つ紹介すると
  1. 「もみじ」は揉(も)んで染め出す紅色「もみ」が語源。動詞「もみづ」は紅葉すること。
  2. 「紅葉(もみじ)」の語源は、紅花から染料を「揉(も)み」出す様子(紅花を細かく優しく揉むと紅や黄色に変化する)から、「もみ」が「紅」を指すようになり、楓の紅葉もこの紅花から染料を抽出するときの色の変化の様子と類似しているので、「もみずる」が「紅葉(もみ)ずる」さらに名詞化して「もみじ」になったとする説。
名詞が先か動詞が先か分かれていますがどっちでも良いでしょう。
東北の人がモミジを発音するとモミズだからモミズがモミジに変わるのは容易に想像できますね。(^0^)

カエデの「楓」と言う字は誤訳?

中国に日本のカエデと良く似たのにマンサク科の「フウ」と言うのがあります。
それを漢字で楓と書きます。日本人の誰かが「カエデ」と中国の「楓」とを同一視し、カエデに楓という字を宛てたのが間違いの元。中国ではカエデ科のカエデは「槭」と言う字を書きます。(これもちょっと専門的うんちく)

余談

もみじまんじゅう
もみじまんじゅうは、広島県の県の花(花で良いのかな?)にもなっている紅葉を形取って作られたものです。昔漫才のB&Bが広めて今では有名になりましたがこれのルーツは、明治時代に伊藤博文が宮島を訪れたとき、茶屋の娘の可愛い手を見て「紅葉の形をした菓子を、焼いて食べたらおいしかろう」と言ったことが、もみじまんじゅうの始まりと言われています。
メープルシロップ
カナダ産のカエデの樹液から取ったものにメープルシロップがあります。
もみじ狩り
秋の深まりとともに野山では紅葉(コウヨウ)が始まり、この時期の行楽として外せないものの一つが“もみじ狩り”です。古来日本では、万葉集の時代から紅葉の美しさを愛でて野遊びをする習慣があり、平安時代には『源氏物語』の中にもあでやかなもみじ狩りの シーンが登場します。現代人の私たちは日帰りのピクニックやドライブと、いにしえ人のような風流は望めませんが、それでも澄んだ秋空のもと、美しい紅葉を 眺めるのはすがすがしいものです。

おじさん流「モミジ狩り」うんちく(大小関係をまとめました)

「紅葉狩り」に行くと言うと自然の野山へ出かけて紅葉も黄葉も混じった広い意味の紅葉(コウヨウ)を眺め、「わーキレイ」と言い、その中の紅い葉の狭義の紅葉の中に、広義の紅葉(モミジ)であるカエデ仲間をみつけ、その中に、真紅の掌みたいな葉をしたいわゆる紅葉(モミジ)(一番狭い意味のモミジ)を見つけて「すっげー」と大感激し、写真を撮る。(例えばきのこ狩りに行ってきのこの王様松茸を見つけたときみたいな喜び)これが紅葉狩りの醍醐味です。

行く場所により意味も変わる

京都の嵐山や山梨の昇仙峡に「紅葉狩り」に行くと言うことは「一番広い意味の紅葉」の中に、「一番狭い意味の紅葉」を探し、愛でに行くことである。
一方京都の永観堂や高台寺に「紅葉見物に行く」と言う場合は「一番狭い意味の紅葉」を見に行くと言う意味。こういう所は初めからモミジばっかり植えているからね。狩というイメージは沸かない。
日本語は奥深い。同じ紅葉でもこんなに意味が変わる。
(ちょっと理屈っぽくなりました(^0^))

バックナンバー

資料請求
メールマガジン登録