2007.10.10

『カフェオレとカフェラテの違い、カフェラテとカプチーノの違いも』

日常のうんちく

コーヒー通の皆さんはよくご存知かもしれませんが、通でないわれわれにはカフェオレ(カフェオーレという人も)とカフェラテ(カフェラッテという人も)の違いはよくわかりませんね。それにカフェラテとカプチーノの違いもわかりませんね。そこで調べてみました。

カフェオレとカフェラテの同じ部分

カフェ・オ・レはフランス語で、レはミルク(牛乳)の意味。
カフェ・ラテはイタリア語の造語で、ラテはイタリア語ラッテからミルク(牛乳)の意味。
つまりどちらもコーヒーにミルク(牛乳)を入れた(混ぜた)もの。
日本語に直訳すると「ミルク入りコーヒー」または「コーヒー牛乳」。この部分まではどちらもコーヒー+ミルクということで同じである。

では違う部分は?

根本的にコーヒーが違うのです。
カフェオレとカフェラテではコーヒーそのものが違うのです。
カフェオレのコーヒーは普通のコーヒー。
カフェラテのコーヒーは「エスプレッソ」。

では普通のコーヒーとエスプレッソの違いは?

作り方が違う

ふつうのコーヒーとは従来から日本でおなじみの紙フィルターなどで濾して作る「ドリップ・コーヒー」のことですが、『エスプレッソ」とはイタリアから来たといわれるコーヒーのいれかたで、高い圧力をかけて短時間で抽出するので(ドリップ方式ではなく別の)「エスプレッソ・マシーン」で作ります。

豆が違う

一般的に、ドリップには比較的浅煎りの豆(酸味が多く苦みが少ない)を使うのに対し、エスプレッソには深煎りの豆(酸味が少なく苦みが多い)を使います。

味が違う

エスプレッソは濃く、旨味が凝縮され、カフェインが少ないコーヒーです。表面が細密な泡で覆われていることがあります。

量も違う

エスプレッソは濃いので普通は小さいカップで飲みますね。
つまり、ドリップ・コーヒーとエスプレッソの違いはコーヒーの豆が違い、作り方、(抽出の機械が違い、時間も違う。だからコーヒーの味が違う。

一般的にはミルクの量が違う。

ミルクの量は絶対にこの量と言うことはなく個人の好みで割合を変えていい。お店によっても違う場合もある。(焼酎のお湯割りみたいなもの)ここは一般的な割合です。
カフェオレの場合は通常コーヒー50%:ミルク50% (ただし好みで変えていい)。
カフェラテの場合はコーヒー20%:ミルク80% (思ったよりもミルクが多いですね、元々エスプレッソは濃くて小さいカップで飲むからね。カフェラテはミルクを沢山いれて量を多くし、一般受けするように飲みやすくしているのかもね)。
カフェラテのミルクは泡が立たないよう温めたミルクを使用 (あの細かな泡はコーヒーの気泡です) 。
カフェラテはコーヒー+あわ立てミルクと思っている人は誤解のようですよ。カプチーノと混同 (後述) 。

だから味も違うのです。

カフェオレはマイルドというか薄味でお子様向き?(と言うと怒られるかな) エスプレッソが濃い味なので、カフェラテの方がコクがあって苦味があるけどほのかな甘味がある。

まとめ

名前はカフェオレがフランス語。カフェラテがイタリア語の造語。でフランス語とイタリア語の違いだけで、意味はどちらもミルク入りのコーヒー。この部分では同じものです。
しかし大きな違いはベースになるコーヒーが違うことです。
カフェオレが普通のドリップ・コーヒーがベースなのに対しカフェラテは高い圧力をかけてすばやく抽出した「エスプレッソ」がベースです。
加えるミルクについては好みにより違いますが、一般的にはオレが50:50、ラテが20:80といわれています。(カフェラテの割合は店によって変わるようです)
味についてはオレが薄くマイルド、ラテは濃くてコクがあり苦味や甘味もある。
味については皆さん味わってください。

余談:カフェラテとカプチーノの違い

皆さん意外とカフェラテとカプチーノを混同されている方もいます。
どちらもイタリア発でエスプレッソ+ミルクと言うところは同じです。
何が違うかと言うとミルクが量と質が違います。ここがポイント。
カフェラテは上記のとおり20:80でミルクはスチームミルク (泡が立たないよう温めたミルク) 。
カプチーノはエスプレッソ3に対してスチームミルク3、フォームミルク4、の割合 (フォームミルクとは蒸気で泡立てた牛乳のこと) 。
割合についてはお店によって多少違いはあります(1/3ずつというところも)が、フォームミルクが入っているかどうかが違いですね。
つまりミルクがあわ立っているのがカプチーノですね。