『おはよう、こんにちは、こんばんはの使い分け、その境目は?』

日常のうんちく

「おはよう」、「こんにちは」、「こんばんは」の使い分け、その境目は?

「こんにちは」と「こんばんは」の境界線(境目)の目安は日没です。
日没以後が「こんばんは」ですね。ただ日本列島は縦に長いし、季節によっても違うので便宜上平均的に考慮して午後5時を基準にしているとのことです。また、「おはよう」と「こんにちは」の境目は午前11時だとのことです。
したがって午前11~午後5時までが「こんにちは」それより前が「おはよう」後が「こんばんは」ですね。
ただこれはあくまでも基準というか目安ですから夏の6時ごろまだ明るいときは「こんにちは」でもいいですよとのこと。

多くの皆さんは常識としてはここまでを覚えていただければ良いです。
ただ、「おはよう」が11時までというのには皆さんの中には違和感(異論)がある人もいそうですね。近くの方と議論してみてください。
ここからは多少お遊び的な要素も多く、ウンチクファンの方はお付き合いください。
これでクリアになったつもりだったがここで終わらないのが、おじさんのしぶといところです。

「おはよう」はいったい朝何時からだろうか?、「こんばんは」との境目は?

ここからはおじさんのオリジナルな説です。
シンメトリーが好きなおじさんはこう考える。「こんにちは」が午前11時から午後5時だから、綺麗に6時間刻みにする。
「こんばんは」は日没(午後5時)から夜11時まで、「おはよう」は日の出(午前5時)から午前11時までとし、朝の日の出の時間は5時(午前)にして境目としました。そうすると、夜の11時から朝の午前5時までは何と言うか?
さあ困った。いや考えるのは楽しい。
「今晩は」の先に「今夜は」、または「お早よう」の前という意味で「おそよう(遅夜う)」なんて新概念(新しい挨拶の言葉)を持ち込まなきゃいけないのかな。(^_^)

ここからは断片的面白ネタ

おじさんの最近の日常では、12時以前に会社へ行った(訪問した)ときは「おはようございます」と言っている。
ところが相手の人からは11時ごろだと「おはようございます」が帰ってこなくて「お疲れ様です」といわれることがよくある。
また、守衛さんには「お帰りなさい」といわれる。(^_^;)
自分と相手の基準が違っているのですね。(-_-;)
但し、「こんにちは」とはほとんど言われたことはない。

家庭内では「お早う」とは言うが、「こんにちは」、「こんばんは」とは言わないですね。これも何故ネタです。なぜでしょうか?

●これは、「こんにちは」、「こんばんは」には改まった響きがあり、言うとよそよそしくなってしまうからである。
とインターネットのQ&Aで答えている人がいた。妥当な答えのような気がする。
たしかに家庭内も職場も親しい人の集まりですね。「おはよう」には親しいという付加価値?がついているのですね。
親しい人の間での挨拶の要素がつよく出ると昼夜の区別無く働いている芸能界やマスコミの世界での楽屋(スタジオ)入りの際などの「おはようございます」はわかる気がしますね。
同じ発想でコンビニなどの店員さんの深夜の交代時などもはやはり「おはようございます」なのでしょうかね。(調べたわけではない(-_-;))

おじさんの独自調査、広辞苑調べで面白いことがわかった。
「おはよう」と「こんにちは」、「こんばんは」は明らかに異質なものなのですね。
漢字で書くとよくわかる「お早う」「今日は」「今晩は」、「お早う」だけ違いますね。出来上がった経緯も違うようですね。
「今日は」は、今日はいい天気ですね、とか、今日はお日柄もよろしくとか後に付く言葉を略したものですね、「今晩は・・・」も同じです。

広辞苑によると

「おはよう」は
<オハヤクの音便>朝の挨拶の言葉
「こんにちは」は、
(「今日は・・・」という挨拶後の下略) 昼間の訪問または対面のときに言う挨拶語
「こんばんは」は、
(「今晩は・・・」という挨拶後の下略) 夜間の訪問または対面のときに言う挨拶語 (コピーして日を晩に、昼を夜に変えただけ)

もし朝の挨拶も同格にするなら漢字で書くと「今朝は」ですね。 なんと読めばいいのかな?。「けさは」では語呂が悪い、「こんちょうは」かな(^_^)

朝昼晩のように、(時刻というはっきりした基準がありながら)人の感性によってはっきりと区別をつけられないことは多くありますね。
春夏秋冬も何月から何月までとデジタル的には分けにくいですね。例えば夏は6月から8月といっても9月はまだ暑くて夏の気分ですよね。

ついでにもう一つ 「おつかれさま(です)」について

帰るときに「お先に失礼します」というと周りの人が「お疲れ様でーす」というのは自然なのですが、昼頃これから仕事するために事務所に入ってきたときに、周りから「お疲れ様です」といわれると、まだ仕事して無くて疲れてないのに・・・なんか違和感がある(どっと疲れが出る?)のですけど、どう思いますか。
部屋に入った人が「お疲れ様でーす」というのは、仲間がもうすでに仕事をしてお疲れだろうからねぎらいの意味で言うと理解すれば、これはまた自然でいいと思うのですが・・・。
都会では「通勤電車でもまれてのご出社『お疲れさん』」といたわってくれているのでしょうか。
大体その時間に入ってくるのは外出して一仕事して帰ってくる人が多いので「お疲れさん」になったのでしょうか。

更にもう一つ 「お先に」に対して「ご苦労様」の使い方

「お先に失礼します」とか、「おさきに」とか言われたとき、「お疲れ様」「お疲れ様でーす」というのはいいのですが「ご苦労様(です)」というのは注意が要るそうですよ。
目上の人が部下などの「お先に失礼します」にたいして「ご苦労様」と言うのは正しい使い方ですが、偉い人が「お先に」と言ったのにたいし「ご苦労様です」というのは失礼なのだそうです。