ホーム > ブレイクタイム > おじさんのうんちく > 『小春日和に関するうんちく』

『小春日和に関するうんちく』

 
11月も半ばを過ぎ、だいぶ寒さも厳しくなってきました。
ところが今の時期、春みたいなぽかぽか陽気の日がありますが、これを「小春日和」(こはるびより)と言うのですね。
晩秋から初冬にかけて、まさに今ごろの言葉です。そこで色々調べましたので、(うんちくらしいひねりはきいてないですが)情報としてご提供します。

小春日和とは

旧暦10月、新暦では11月から12月の初めにかけて、つまり晩秋から初冬の頃に使われる言葉である。
この季節には、冬型の気圧配置がゆるみ、移動性高気圧の中心付近におおわれると、春を思わせるような暖かい日がある。この暖かい穏やかな晴天を、「小春日和」と呼んでいます。

沖縄では小夏日和

沖縄地方では、日中の最高気温が25℃を超えて夏日になるため、春と言うには暖かすぎるので「小夏日和」と呼んでいるそうです(へーですね)。

小春日和の語源

  • 旧暦10月の異称が「小春」であることから名付けられたようです。
    春みたいな日があるから10月の別名を「小春」と言うようになったのか、「小春」が先にあり「小春」の中の良い日和だから「小春日和」と言うようになったのかは「鶏が先か玉子が先か」みたいで定かではない(^-^)
  • 「徒然草」に「十月は小春の天気、草も青くなり、梅もつぼみぬ」とあるそうです。
  • ただ単に「春の気分がするからそう言う」という味気ない国語辞典の説明もありますが・・・。

他の外国での呼び方

外国でもこれと同じような天気はあり、それぞれ名前がついていますので紹介しましょう。面白い事にいずれも夏(サマー)と表現されています。
その訳は、日本は夏は蒸し暑くて、春が気持ち良いですが、欧米では夏がからっと晴れていて快適な陽気なのですね。暖かな小春日和は、欧米では夏に当てはまるということなんでしょう(欧米の夏は酷暑や猛暑ではないのでしょうね)。

米国:「インディアンサマー」“Indian Summer”

何故こういう呼名になったのでしょうか?説が色々あり定かではありませんが、有力な説を2つ紹介しますと、
  • 「インディアンの夏」のインディアンの意味は、アメリカでは霧がたちこめるとインディアンが焚き火をしたからだと言われています。 小春日和は朝晩が冷え込むため、霧が発生したち込めます。この様子とインディアンの焚き火の煙とを重ねて表現しているのではないでしょうか。
もう一つは
  • “Indian”という言葉は「偽の」とか「安っぽい」という意味の使われ方をする。 (映画等でインディアン嘘つかないと弁明しているシーンありますね、白人はインディアンは嘘をつくものだとかって軽蔑していた)この場合も、夏みたいな気候だけど実は違う「偽の夏」(インディアンに騙されたような天気)ということで、“IndianSummer”。こちらはあまり良い意味でないですね。
  • ところが、余談ながら“IndianSummer”にはもう一つ、「(人生の晩年などの)落ち着いた幸福な一時期」という意味もあるそうです(これでホッとしました)。

英国:「セント・マーチンの夏」“St.Martin's Summer”または「セント・ルカ祭の夏」

“St.Martin's”がやはり「偽の」という意味を持つようなので、アメリカの「インディアンサマー」の2番目の説と同じような由来ですね。

フランス:「サンマルタンの夏」

別名の呼名はテレビで仕入れたのですが、後でインターネットで調べても残念ながらその名前の由来は分かりませんでした。

ドイツ:「老婦人の夏」(「おばあちゃんの夏」)

「老婦人の夏」という表現は見事ですね。由来の説明はいらないですね。
晩秋から初冬の頃、風が弱くポカポカと暖かい日に、お年寄りが公園のベンチなどでのんびりとくつろいでいる。そんな風景をイメージしほほえましいですね。

ロシア:「女の夏」

おばあちゃんや女というのは、女性のあたたかいイメージを当てはめたのではないでしょうかとのこと。

バックナンバー

資料請求
メールマガジン登録