ホーム > ブレイクタイム > おじさんのうんちく > 『ソーセージ、ウインナー、フランクフルト、ボロニアの違いは?』

『ソーセージ、ウインナー、フランクフルト、ボロニアの違いは?』

 
はじめに大きな違いから説明しましょう。

ソーセージはソーショージャ(^_^;)

のっけからスミマセン。まじめに言うとソーセージはウインナーやフランクフルトなどの総称です。つまり、ソーセージというカテゴリーの中にウインナーやフランクフルト、ボロニアソーセージ、魚肉ソーセージなどがあるのです。
ではまず、

ソーセージ(Sausage)とは(広辞苑による定義)

ソーセージ【Sausage】とは、牛・豚・羊の腸などに各種の調製した獣・魚肉を詰め、乾燥・湯煮または燻製した保存食品。血液・内蔵・穀物・野菜・香辛料などを混ぜたものなど、多くの種類がある。腸詰ということですが、動物の消化器、特に腸管に詰めて作ることが多いため、我が国では腸詰めと訳され、一般には腸のようなケーシング(詰め袋)に詰めたものをソーセージと呼んでいます。
調べる途中で見つけたのでテーマとは違うがウンチクネタとして語源についても書いておきます。

ソーセージの語源

ソーセージの語源にはSau(牝豚)とSage(香辛料のセージ)という語が合成されてできたという説、ラテン語のSalsus(塩漬け)からきたという説、そしてSauce(塩水)とAge(寝かす)、つまり塩漬して熟成させた物がソーセージであるという説など諸説があります。

いろいろなソーセージ

ソーセージにはヨーロッパの地名が冠されているものが多く、オーストリアのウィンナーソーセージ、ドイツのフランクフルトソーセージ、イタリアのボロニアソーセージ、フランスのリヨンのリオナソーセージなどがあります。

  • ウィンナーは豚肉と牛肉を塩漬したものに香辛料を加えて練り合わせ、羊の腸に詰めた後、燻煙・ボイルしたソーセージで、その名の通りオーストリアのウィーンが発祥とされる世界的にも最もポピュラーなソーセージです。(面白いことにウィンナーの事をウィーンではフランクフルトソーセージと呼ぶそうです。)
  • 肉系とは別におじさんたちが昔、立ち飲みやで安いツマミとして好んでよく食べた魚肉ソーセージもあります。(立ち飲み屋なんて知らない人も多い?)

本題のウインナー、フランクフルト、ボロニアソーセージの違いは?

あるテレビ番組で大違い小違いという言い方で違いはいろいろあるが本質的な違いは何か?というのをやっていて感心したのですが、そのときの回答によると、これらの原料や製造方法は同じ。細い太いは小違いで大きな違い(本質的な違い)は、詰めものの違いでした。

  • ウインナー(ソーセージ)は羊の腸に詰めたもの
  • フランクフルトソーセージは豚の腸に詰めたもの
  • ボロニアソーセージは牛の腸に詰めたもの

と言うものでした。ところがおじさんが後で調べたところ、それが変わってきたということがわかりました。

ソーセージのために羊(豚・牛)をそんなに殺していいのか?

ソーセージがアメリカ、日本など世界的に広がり、大量に消費されるようになると、腸詰にする腸が足りなくなってきた。腸にこだわるなら肉で食べる以上に動物を殺さなきゃいけない本末転倒になるわけです。

  • 一方、科学(化学)技術の進歩でビニールやプラスチックの仲間の石油化学製品で食べられる腸の代わりをするよう詰め袋(ケーシング)が開発され、保存面や衛生面、コスト面でもこちらが有利になり、日本など大部分こちらになってしまい、本質的な違いは過去のものになりつつあります。

そして今ではわが国では現実に即して日本農林規格(JAS)で太さによって切り分けられる(分類される)ようになりました。

  • 太さが直径20mm未満の人工ケーシングに詰めたものをウインナー
  • 20mm以上36mm未満の人工ケーシングに詰めたものをフランクフルト
  • 36mm以上の人工ケーシングにつめたものをボロニアソーセージ

昔は本質的な違いが、羊・ブタ・牛の腸の違いで味があったのがプラスチック?製になって単なる太さ(サイズ)のちがいになってしまい、味気なくなりましたねぇ(^_^)。(これがいいたかった)(^。^)

まとめの回答(但しこれはあくまでも日本の分類)

  • ウインナーソーセージもフランクフルトソーセージもボロニアソーセージも、原料や製造方法は同じです。違うのは、ケーシングの種類と径の太さです。
  • ウインナーソーセージは、羊腸または製品の径の太さが20mm未満の人工ケーシングに詰めて加工したもの。(羊腸であれば、20mm以上でもウインナーソーセージという)
  • フランクフルトソーセージは、豚腸または製品の径の太さが20mm以上36mm未満の人工ケーシングに詰めて加工したもの。(豚腸であれば、20mm以下でも36mm以上でもフランクフルトソーセージ)
  • ボロニアソーセージは、牛腸または製品の径の太さが36mm以上の人工ケーシングに詰めて加工したもの。(牛腸であれば、36mm未満でもボロニアソーセージ)

一応本質的な違いの部分は尊重されていますね。
(太さに関係なく羊腸はウインナー、豚腸はフランクフルトという補足)少しホッとしました。

資料請求
メールマガジン登録