2016.04.05

労働安全衛生法改正におけるストレスチェック義務化の目的と企業の実務対応ポイント

顧客満足・社員満足度向上

ストレスチェックを義務化した厚労省の目的

ストレスチェック制度の目的は、「精神疾患の発見でなく、メンタルヘルス不調の未然防止(改正法に関する衆議院付帯決議)」にあります。精神障害等により労災認定される事例は年々増加しており、特に自殺(自殺未遂を含む)件数も過去最多となっています。国連の社会権規約委員会から日本に対して、この実態の改善のため労働時間の規制に関する法令不遵守に関して確実に制裁が適用されること、職場におけるすべてのハラスメントの禁止・防止を目的とした法令等を採用するよう勧告を受けました(平成25年)。
メンタルヘルス不調の中でもうつ病は自殺リスクが高いと言われています。厚生労働省としてもメンタルヘルス不調を未然に防ぐ対策をうつことが急務となり、そのひとつとしてストレスチェック制度を義務化し、またストレスチェックが確実に実施されるよう実施後に労働基準監督署に報告を義務化したという背景があります。

メンタル不調者が出てしまったときの企業の対応

ストレスチェックを実施するにあたり予め整えておくべきことは、メンタルヘルス不調者への対応です。健康の問題、特に心の病への対応は、会社としてどのように関わっていくか難しい側面があります。不調者への対応はデリケートな問題でもあるだけに、対応を誤ると思わぬ労務トラブルに発展しかねません。休職・復職の制度をどのように設計するのか、リハビリ出勤やリワークの制度を採用することが可能なのか等を自社の実態を踏まえ就業規則等に定め社員に周知しておきます。その際に重要なことは、休復職の際に会社の指定する医師の診断書を提出させる場合があるとしておくことです。主治医の診断だけでは心許ない場合が多いのも事実です。会社として社員の安全配慮のためにも専門医の診断と産業医の面談に基づき、休復職の判断をしましょう。また、手続きに必要な書式を用意し、必ず5W1Hで記録を残すことで会社も社員も納得できる対応とすることが重要です。


ストレスチェック義務化対策のために企業がやるべきこと

ストレスチェックの実施方法、実施体制等について決定するためには、衛生委員会で関係者と調査審議することとされています。衛生委員会は、常時50人以上の労働者を使用する事業場ごとに設置義務があり、ストレスチェック実施義務のある事業場では必ず開催しなければなりません。調査審議の内容は以下のとおりです。


心の健康に関する情報は機微な個人情報であり、ストレスチェックの実施方法から記録の保存に至るまで、社員の個人情報が適切に保護されるような体制の構築や、システムを使って実施する場合には情報管理について信頼できるシステムを採用することが必要です。適切に個人情報が扱われる体制になっていることを周知し、多くの社員が安心して受検することにつなげましょう。

ストレスチェック制度を円滑に実施するには、会社、社員、産業医等の関係者が、制度の趣旨を正しく理解した上で、互いに協力・連携し、制度をより効果的なものにするよう努力していくことが必要です。特に、事業場で選任されている産業医との連携が、ストレスチェックを進める上で重要なポイントです。事業場の特性を理解している産業医が実施者となれば、就業上の措置の検討や職場環境改善をよりスムーズに行うことができるからです。ストレスチェックの実施を外部機関に業務委託する場合も、産業医等の事業場内産業保健スタッフに共同実施者として関与してもらい、個人の結果を把握する等、外部機関と事業場内産業保健スタッフが密に協力関係を結ぶことも大切です。また、社員が高ストレスの状態で放置されないよう相談窓口を広げたり、産業医等の産業保健スタッフが、日常的な健康管理活動の中で相談対応を行ったり、必要に応じて面接指導後もフォローアップする等の体制の整備をしましょう。新しい制度でもあり、経営層・管理職・従業員のそれぞれの立場で、当然、不安や戸惑いもあると思われます。制度そのものの周知とともに、不安を解消し、ストレスチェックが自身のメンタルコントロールに役立ち、集団分析を職場環境改善につなげられれば、生産性の向上にも結びつくというポジティブな側面に目を向けてもらえるような研修を行っていくことも効果的です。 

ストレスチェック義務化対応を支援する「ストレスチェックサービス」のご紹介

リコージャパンが提案する「ストレスチェックサービス」のご紹介

ストレスチェック対策 リコージャパン OSK
組織風土維新メンタルヘルスチェック
昨年12月に施行されたストレスチェック義務化に加え『職場環境の改善』も提供。受検前/受検後のサービスも充実。
ストレスチェック実務安心パック
必要な規程の整備から衛生委員会の進め方、不調者対応までパック化。
ストレスチェックから、メンタルヘルス・健康管理の実務までフルサポート!
オービックビジネスコンサルタント ピー・シー・エー
OMSS+ストレスチェックサービス
OBCのストレスチェックサービスは、企業が必要とする制度対応が全て揃っているオールインワンのサービス!はじめてのストレスチェック制度に安心して対応できます。
ストレスチェック実務安心パック
メンタルヘルス対策・健康管理を可能にする規程や書式、従業員研修DVDなどのツールをパッケージ化。
PCAストレスチェック ALART
実施者業務代行から組織分析、医師面談までワンストップで対応可能なサービス。
Cinfinityメンタルヘルスケア for PCA
産業医が主導して行うストレスチェック業務をトータル的に支援するサービス

※本ページに記載の会社名や商品名は、その会社の登録商標です。