2014.06.24

モバイル通話コストを、大幅に下げる方法とは?

コスト削減ワークスタイル変革業務プロセス改善

会社の通話コストが、今より安くなる?
まずは、手軽にセルフチェック!

ビジネスシーンでも携帯電話やスマートフォンの普及が進み、今や仕事に欠かせないアイテムになっています。そんな中、多くの会社にとって、通話料の増加が悩みの種となっているようです。「モバイル通話はコストがかかる」という認識が、半ば常識のようになり、我慢したり、諦めたりして、高額な通話料を払い続けているケースが多いようです。
しかし、そんなお悩みを解決するサービスがリコーから登場しました。
まずは、あなたの会社の通話コストについて、当てはまる項目はないかチェックしてみましょう。

上記の項目に、ひとつでもチェックが付いた方は、ぜひ下記のコスト削減シミュレーションを参照してみてください!

どのくらい、通話コストを削減できるのか?
シミュレーション結果を公開!

新しい通話サービスによって、オフィスの通話コストはどれだけお得になるのでしょうか?リコーでは、従業員20名、携帯電話の契約台数15名のオフィスを想定し、通話コストの比較シミュレーションを行いました。その結果、新通話サービスを利用することにより通話コストを約90%削減できるという試算結果が出ました。

まさに、モバイル通話はコストがかかるという常識をくつがえすような結果となったのです。

なぜ、通話コストを削減できるのか?
スマートフォンから発信しても、通話料金がお得に!

通話コストをここまで大幅に削減できる秘訣は、スマートフォンを内線化し、社内外どこにいても内線電話のような感覚で受発信できる通話サービスにあります。この新サービスにより、社外であっても、社員間の通話は通常の内線電話と同じように無料になります。

さらに、スマートフォンから社外のお客様やビジネスパートナーに電話を発信する際は、その通話料金が、固定電話と同じになります。つまり、スマートフォンから発信するあらゆる電話がお得になるのです。

これらのお得な通話を実現するのが、リコーが2014年6月に提供を開始したばかりの「リコー モバイルテレフォニーサービス」。携帯電話やスマートフォンの通話コストでお困りのお客様の声から生まれたサービスです。 このサービスにより、通話コストを大幅に削減していただくともに、利便性の高いスマートフォンを、ビジネスの切り札として、より一層役立てていただきたいと考えています。

公開!通話コスト削減の秘訣 無料資料ダウンロードはこちら