2014.07.23

通話スタイルの変革が、
ビジネスチャンスを呼び込む!

コスト削減ワークスタイル変革業務プロセス改善

営業チャンス、逃していませんか?
こんなビジネス電話の対応は、要注意!

電話は、ビジネスにおいて重要なコミュニケーションツールであり、特に、営業担当者の方々にとってはお客様との大切な接点です。しかしながら、デスクに座っていられる時間が短かったり、会議や商談に追われたりして、電話への対応が後手にまわってしまうケースも少なくないようです。
そこから、気づかない内に営業機会の損失が発生しているかもしれません。

このような出来事に、心当たりがある方は要注意。今すぐ、ビジネス電話のスタイルを見直してみてください。

スマートフォンを内線電話のように使いこなし、
通話スタイルを変革!

リコーでは、ビジネス通話の対応の遅れなどから発生する営業機会の損失や、業務効率の低下を防ぐため、2014年6月より新しい通話サービスの提供を開始しました。
このサービスの大きな特徴は、スマートフォンを内線電話のような感覚で利用できることです。自分宛にかかってきた通話を、どこにいても受け取ることができ、また、どこからでも同じ番号でお客様へ発信できるようになるのです。

また、携帯電話やPHSではなく、スマートフォンを利用できることも大きなポイントです。インターネット検索やメールの送受信、簡単なファイルの閲覧が外出先で手軽に行えるようになり、営業担当者の機動力を高める効果を期待できるのです。

通話コストや導入コストの面でも、うれしいサービス!

リコーの提供する新しい通話サービスは、コスト面でも大きな価値をもたらします。社外であっても、社員間の通話は通常の内線電話と同じように無料になり、さらに、固定電話と同じ料金でお客様に発信できるようになるのです。これまでコストの面からモバイル端末の導入を見送られていた企業のご担当者も、このサービスが解決の手段になるかもしれません。
また、このサービスは、社員個人の端末を業務に利用するBYOD(Bring Your Own Device)にも対応しています。BYODは、モバイル端末の導入コストやランニングコストを抑えられることから、近年注目されている通信スタイルです。
さらに、スマートフォンの活用により、オフィス外での対応力が強化されることで、直行直帰の推進にもつながり、企業の残業代の負担や、個々の業務負担を減らす効果も期待できます。
リコーでは、通話スタイルの変革を、ビジネスチャンスの拡大、業務の効率化、経営の効率化など、さまざまなメリットに結びつけ、ワークスタイルそのものを変革に貢献していきたいと考えています。

ワークスタイルを変え、ビジネスチャンスを広げる!

資料ダウンロード