2014.02.07

意外と見逃されている通信費削減のための チェックポイント

コスト削減

オフィスや工場の電話回線やビジネスホンは、一度契約するとなかなか見直されないのが一般的です。しかし、ここに経費削減の意外なチャンスが眠っていることも少なくありません。実は、ビジネスホンは隠れた経費削減の切り札になり得るのです。そこで、現状の通信コストを見直すためのチェックポイントと、どんな場合に通信費をコストダウンできるのかというケース例をご紹介します。

通信費を削減できる可能性が高いのは、どんな会社?

通信会社からの請求書は、金額しか見ていない
通信料金の明細をよくご覧いただき、今お使いの回線とその本数を確かめてみてください。何年もの間、アナログ回線のまま、必要以上の使用料を払い続けていませんか?
あまり電話の受発信はないが、回線を何本も契約している
話している人数のわりに回線の数が多い、という印象はありませんか?使用状況に応じて適切な回線数に変更したら通信費が減った、というケースは少なくありません。
ひかり電話が使えるかどうか調べていない
全国どこへかけても通話料が3分8.4円になるひかり電話。その利用可能エリアは日々拡大しています。下記のNTTの公式サイト上で対応エリアかどうか手軽に調べることができます。
【対応エリア】 ※2014年2月4日時点
インターネットがとても遅く、不便に感じている
ひかり電話に切り替える場合、インターネットも一緒に切り替えることをおすすめします。たとえば、NTTのフレッツ光ネクストの場合、高速インターネットをお得に利用できます。
社員に携帯電話を貸与し、外線を使って連絡している
キャリアが提供するサービスにより、携帯電話同士を内線で接続することも可能です。料金は定額のため、社内連絡を頻繁に取り合う会社ほど、経費削減効果が大きくなります。

通信費コストダウンを叶える 3つの切り口

1.ひかり電話に切り替えてコストダウン

光ファイバーを使ったお得な電話サービス「ひかり電話」。全国どこへかけても通話料は3分8.4円です。長年、回線をアナログのまま使用していたり、市外への通話が多いお客様ほど、削減効果が期待できます。

2.本社や支店・工場など、拠点間の通信費を削減

拠点が複数存在する企業の場合、複数拠点間をIPネットワークで接続し、音声・データ統合ネットワークを構築することができます。拠点間の通信コストが大幅に削減できる場合があります。

3.社員間の携帯電話の通話料を定額化

社員に携帯電話を貸与している場合、キャリアが提供しているFMCサービス(携帯電話端末を企業の内線電話端末として使えるサービス)を利用することで、社員同士の携帯電話が内線電話と同じ扱いになります。サービスの定額料金の範囲内であれば通話が無料になり、お得です。

ビジネスホンを経費削減の切り札に!通信費コストダウンのご提案
通信環境の見直しによるコスト削減の実例 ダウンロード
リコー厳選!ビジネスホンカタログ2014 資料請求