このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
現在地

Share

ここから本文です

人手不足時代のものづくりイノベーション

~IoTと見える化による生産性向上/カイゼンによる現場力向上/3D活用による品質向上~

経営基盤強化ワークスタイル変革業務プロセス改革売上拡大

開催概要

日時

2020/02/05(水) 10:00~17:30(9:45より受付開始)

会場

リコージャパン株式会社 本町橋事業所 地図

〒540-0029 大阪府大阪市中央区本町橋1-5 本町橋タワー6F

参加料

無料

主催

リコージャパン株式会社 大阪支社

お問い合わせ

リコージャパン株式会社 大阪支社 
大阪コーディネート営業部 製造ソリューショングループ
大六野 浩
TEL:050-3534-0476
MAIL:hiroshi_dairokuno@jp.ricoh.com

プログラム

ご希望のセッションにチェックを入れ、お申し込みください。

IoTと見える化による生産性向上セミナー A

10:00

11:30

【A1】 IT・IoT、イノベーションで変わる中小企業

<生産部門向け セミナー>

定員: 30名

大阪府IoT推進Lab、ビジネス・アライアンス・コンソーシアムは、中小企業のIoT導入に向けた支援をご提供しております。
今回のセミナーではIoTリーンスタート!をもとに、IoT診断から先進事例までご紹介し、IoT導入の課題解決をご提案します。
 1)中小企業での見える化が持つ意味・効果、大企業との差異
 2)テクノロジーの速い変化に対応し、競争性を確保していく必要性
 3)現に大阪・関西でIoT等により、成果をあげつつある企業事例の紹介
 4)BAC/AIoT-BWGの活動と主旨についての簡単な説明
 5)AIoT-BWG構成メンバーのソリューション簡易事例の紹介

◆時間の都合上、B1セミナーへはお申し込みいただけません

講師:

大阪府商工労働部中小企業支援室 総括主査 辻野 一郎氏
ビジネス・アライアンス・コンソーシアム 副会長 伊藤 拓治氏

13:15

14:15

【A2】 現場の紙をなくしませんか?工場の見える化ソリューション紹介

<生産部門向け セミナー>

定員: 30名

製造業におけるIoT取り組みは活発化し、現場の改善を中心に実態把握や課題解決を進めていこうとする傾向があり、着実にIoT活動に取り組んでいる企業も増加しています。しかし、製造業現場ではデータ収集を手書きで行っているため、製造業のデータ活用がうまくできていない企業が多くいるのも事実です。そのため、効率的に現場のデータを取得・集めることが出来るかが最重要となります。
本セミナーでデータ収集ツールとしてご紹介する工場の見える化ソリューション「XC-Gate(エクシーゲート)」は、皆さんが普段 お使いのExcelソフトを利用した帳票を、タブレットで入力するWeb画面に変換できる電子帳票ソリューションです。 現場において求められる「IoT」「品質管理」といった活用例を、デモ・事例をまじえてご紹介いたします。

◆時間の都合上、B2セミナーへはお申し込みいただけません。

講師:

株式会社テクノツリー
西日本営業部 課長 羽山 徹氏

カイゼンによる現場力向上セミナー A

14:45

15:45

【A3】 動画を使ったカイゼンで生産性向上と働き方改革を実現!事例あり

<生産部門向け セミナー>

定員: 30名

複数の作業動作から最良の作業方法を導き出す手法(標準化)はカイゼンと名付けられ、古くから製造業を中心に実施されています。現在では製造業以外にも、建設、物流、医療介護、事務等で生産性向上に利用されています。このように幅広くカイゼンが進んだ理由として動画を使ったカイゼンソフトの登場、公正な評価基準が重要になった時代背景があります。
本講演では動画を使ったカイゼンをサポートするツールソフトウェアOTRSを活用している5社の事例を中心に、生産性向上、技術伝承についてお伝えするとともに、多様な働き方の推進で重要な標準動作づくりについてもご紹介し、職場で活用できるツールを使った「カイゼン」の具体策をお伝えします。

◆時間の都合上、B3セミナーへはお申し込みいただけません。

講師:

株式会社ブロードリーフ
グローバル事業本部 IoH事業部 エバンジェリスト/マイスター 大岡 明氏

IoTと見える化による生産性向上セミナー B

10:30

16:30

【B1】 10:30-12:00 リコーグループのデジタルモノづくり実践

<生産部門向け セミナー>

定員: 16名

リコーは「生産のリコーウェイ」・事実に基づく意思決定・現場の見える化をベースに世界一のモノづくりを目指し、経営の視点と、現場の視点からSEQCDの成果を追及しています 。
今回は、『画像活用』での生産情報自動収集・見える化と、『現場情報共有』での早期現状把握及び製造技術蓄積による『分析/判断』を、より低コスト・高品質で実現するデジタルモノづくり実践の事例をご紹介致します。

◆時間の都合上、A1セミナーへはお申し込みいただけません
◆B3セミナーと同じ内容です

講師:

株式会社リコー 産業プロダクツ事業本部 産業システム事業部
産業コンポーネント事業室 生産事業開発グループ 和田 真一

【B3】 15:00-16:30 リコーグループのデジタルモノづくり実践

<生産部門向け セミナー>

定員: 16名

リコーは「生産のリコーウェイ」・事実に基づく意思決定・現場の見える化をベースに世界一のモノづくりを目指し、経営の視点と、現場の視点からSEQCDの成果を追及しています 。
今回は、『画像活用』での生産情報自動収集・見える化と、『現場情報共有』での早期現状把握及び製造技術蓄積による『分析/判断』を、より低コスト・高品質で実現するデジタルモノづくり実践の事例をご紹介致します。

◆時間の都合上、A3セミナーへはお申し込みいただけません
◆B1セミナーと同じ内容です

講師:

株式会社リコー 産業プロダクツ事業本部 産業システム事業部
産業コンポーネント事業室 生産事業開発グループ 和田 真一

カイゼンによる現場力向上セミナー B

13:00

14:30

【B2】 リコーグループの構内物流効率化活動のご紹介

<生産部門向け セミナー>

超低コストの追求、工程間同期化1コ流し生産の実践をベースに世界一のもの作りを目指し、経営の視点と現場の視点から経営の視点と、現場の視点からSEQCDの成果を追及しています 。
今回は、AGVを活用した構内物流の効率化と人に優しい物流業務を実現する“モノづくり実践”の事例をご紹介致します。

◆時間の都合上、A2セミナーへはお申し込みいただけません

講師:

株式会社リコー 産業プロダクツ事業本部 産業システム事業部
産業コンポーネント事業室 生産事業開発グループ 畑中 勝行

関連ソリューション展示

10:00

17:30

【C1】 展示コーナーのみのご来場

展示コーナーへのご来場のみご希望の場合、こちらにチェックをつけてお申し込みください。
お客様の部門課題解決にお役ちできるソリューションをご用意しております。
ぜひ会場にてご相談ください。

<設計>
 ・設計から製造までの実績あるソリューション 「IRONCAD」
 ・試作・治具製作を3Dスキャナーやプリンターで製作しコスト削減を 「3Dプリンター/スキャナー」

<製造>
 ・設備稼働状況をカンタン低コストIoTで見える化 「AirGRID WD」「FlexSignal」
 ・生産性を阻害する根本的な不具合を原因究明する 「ALR(オールラインレコグナイザー)」

<組立>
 ・類似部品や欠品、作業順序等、組立て状況を自動でチェック 「SC-10A」

<工程管理>
 ・物納期、進捗状況、遅延状況をリアルタイムに把握できる 「サクっと工程」
 ・生産実績報告はIoTでペーパレスで 「XC-Gate」

<在庫管理>
 ・製造現場での作業の詳細状況を可視化し問題を改善 「屋内位置情報サービス」
 ・リアルタイムな在庫の見える化を実現! 「RealStocker」

<検査>
 ・検査工程の効率化を実現!図面から検査表を作成 「検査表システム」
 ・様々な計測器のケーブルレス環境を簡単・低コストで実現! 「計測器用Bluetooth 通信アダプタ」

<カイゼン>
 ・比較動画でムダ作業を発見!最適動作を動画で簡単レクチャー 「OTRS」
 ・生産現場で効果を生むIoT活用 ~使われていない80%の情報を活かす~ 「MotionBoard」
 ・中腰姿勢のときにかかる腰の負担を軽減するパワーアシストスーツ 「ATOUN」

<見える化>
 ・バラバラな情報がーつにまとまり、ノウハウ共有を見える化します 「Kintone」
 ・ビジネス・アライアンス・コンソーシアム
 ・大阪府AI・IoT推進コンソーシアム 「IoT ソリューション」

<構内物流>
 ・カンタン導入・カンタン工程変更!構内物流を変革するAGV(無人搬送車) 「無人搬送車M2(AGV)」

※募集期間中に定員になり次第、締め切らせていただきます。
※講演のテーマ、講師、時間などは、一部変更になる場合がございます。
※同業他社の方の参加はお断りさせていただくことがございます。
※製品名およびサービス名等は、各社の商標および登録商標となります。