このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
現在地

Share

ここから本文です

AI+人+クラウドで解決!請求・会計業務の働き方改革

~中小企業の企業間取引にまつわる業務の課題と解決策~

ワークスタイル変革業務プロセス改革

開催内容

日本の労働人口は年々減少しており、中小企業にとっても人口減少による労働力不足が大きな課題となっています。本セミナーでは、「AI+人+クラウドで働き方を変える」という視点で、特に中小企業の企業間取引業務(請求・会計業務)において、「AI」や「クラウド」の技術を活用してどのように業務を改善できるかを紹介します。

また、企業間取引業務を大幅に効率化する2つのソリューションについてもデモンストレーションを交えながら紹介します。「AI+人+クラウド」でバックオフィスの業務効率化、働き方改革を始めてみませんか?

◆ こんな方におすすめ!!
  • バックオフィスの人手不足解消・デジタライゼーションを推進したい
  • 請求・会計業務、経理業務部門の働き方改革を進めたい
  • 請求書や納品書などの作成発行、受取処理などの業務を効率化したい
◆ ご紹介商品

クラウド型AI帳票認識OCRソリューション RICOH Cloud OCR シリーズ

請求業務管理クラウドサービス MakeLeaps(メイクリープス)

開催概要

日時

2020/03/18(水) 15:00~17:00 (14:30より受付開始)

会場

リコージャパン株式会社 晴海トリトン事業所 42F 地図

東京都中央区晴海1-8-10 晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 42F

参加料

無料

定員

20名

主催

リコージャパン株式会社

お問い合わせ

リコージャパン株式会社
ICT事業本部 RICOH Intelligent WorkCore事業センター
ワークフローソリューション企画室
担当:女川・ 大谷 
MAIL:hidehito_onagawa@jp.ricoh.com, nao_ohtani@jp.ricoh.com

プログラム

15:00-15:30

「AI+人+クラウド」で解決!請求・会計業務の働き方改革

日本の労働人口は年々減少しており、中小企業にとっても人口減少による労働力不足が大きな課題となっています。本セミナーでは、「AI+人+クラウドで働き方を変える」という視点で、特に中小企業の企業間取引業務(請求・会計業務)において、「AI」や「クラウド」の技術を活用してどのように業務を改善できるかを紹介します。

15:30-16:15

AI帳票認識OCRソリューション RICOH Cloud OCR シリーズのご紹介

「RICOH Cloud OCR シリーズ」は、紙やPDFの請求書や納品書を文字データ化するクラウド型AI帳票認識OCRソリューションです。
リコー独自の帳票解析技術と画像処理技術を搭載したAIが、事前の帳票定義を必要とせず請求書や納品書に記載された日付、名称、金額などの情報を自動認識し一括データ化します。
データ化した情報は、CSVファイルの出力にて会計システムや銀行支払いシステムと連携できます。

16:15-17:00

請求業務管理クラウドサービス MakeLeaps(メイクリープス)のご紹介

MakeLeaps は、見積書や請求書などの帳票を簡単に作成できるクラウドサービスです。帳票の作成だけでなく、帳票の送付や請求後の入金管理など請求周辺業務をまるっと一元管理し、7〜8割の工数を削減できます。

※募集期間中に定員になり次第、締め切らせていただきます。
※講演のテーマ、講師、時間などは、一部変更になる場合がございます。
※同業他社の方の参加はお断りさせていただくことがございます。
※記載の会社名、製品名およびサービス名等は、各社の商標および登録商標となります。